ギャラリーのご案内

・ギャラリーからのお知らせです
・随時更新していますので時々見て下さいね

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

藍ふさ恵個展
2017/05/13

5月10日(水)〜5月29日(月)までギャラリーでは「藍ふさ恵個展」を開催いたします。
幼い頃から海と藍色が大好きだった藍さんですが、描く海は実際の海を見ながらではなく、自分の中のイメージを膨らませ、心に感じるまま絵の具を塗り重ね、深く美しい海を描いています。
窓から見たどこか異国の海、夏に訪れたあの海…、観る方それぞれの思い出に語りかけてくるようです。

油彩画40点の展示、販売です。
皆様のご来廊お待ちしております。

山村秀昭展
2017/04/21

ギャラリーでは4月19日(水)〜5月1日(月)まで「山村秀昭展」を開催致します。
油彩、水彩約40点を展示販売致します。
山村先生は美術学校を卒業後数々の公募展入選、入賞し、銀座での展覧会も行っていました。
埼玉県の小川町に移住されてからは、小川町主催の「小京都おがわを描く展」の開催にも力を注がれ、地域の方々に絵の素晴らしさを教えていらっしゃいます。

「還暦を迎えて、もう一度自身と向き合うべく自画像に取り組む時間が増えています」と言います。
風景・人物・花・静物も、重ねられた色や表現力は益々深みを増しています。

篠原正三展
2017/04/01

作家さんの原風景である漁港・船などの海の絵・花や静物の油彩画・水彩画33点を展示販売しています。
ご来場をお待ちしております。

「桜をめでる小品展」 V
2017/03/23

「国際野外の表現展2016-17出品者による-桜をめでる小品展」を開催しております。
31日(金)16時まで。

東京電機大学鳩山キャンパスをメイン会場に開催されている「国際野外の表現展」。
ギャラリー亜露麻では昨年に続き桜をテーマに20名の現代アート作家に作品を出品して頂きました。

3月25日15時より、無料のミニコンサートがございます。
〈出演〉
アンサンブル風香
(ルネサンスリュート・リコーダー・マンドリン)
リュートはヨーロッパの中世やバロック期に使われていた古楽器だそうです。
普段なかなか聞くことのない音色を是非お聴きください。

「桜をめでる小品展」 U
2017/03/23

「国際野外の表現展2016-17出品者による-桜をめでる小品展」を開催しております。
31日(金)16時まで。

東京電機大学鳩山キャンパスをメイン会場に開催されている「国際野外の表現展」。
ギャラリー亜露麻では昨年に続き桜をテーマに20名の現代アート作家に作品を出品して頂きました。

3月25日15時より、無料のミニコンサートがございます。
〈出演〉
アンサンブル風香
(ルネサンスリュート・リコーダー・マンドリン)
リュートはヨーロッパの中世やバロック期に使われていた古楽器だそうです。
普段なかなか聞くことのない音色を是非お聴きください。

「桜をめでる小品展」 T
2017/03/23

「国際野外の表現展2016-17出品者による-桜をめでる小品展」を開催しております。
31日(金)16時まで。

東京電機大学鳩山キャンパスをメイン会場に開催されている「国際野外の表現展」。
ギャラリー亜露麻では昨年に続き桜をテーマに20名の現代アート作家に作品を出品して頂きました。

3月25日15時より、無料のミニコンサートがございます。
〈出演〉
アンサンブル風香
(ルネサンスリュート・リコーダー・マンドリン)
リュートはヨーロッパの中世やバロック期に使われていた古楽器だそうです。
普段なかなか聞くことのない音色を是非お聴きください。

亜露麻収蔵作品 版画セレクション展
2017/03/17

 ギャラリー亜露麻で所有する名作の中から版画を
 セレクトし展示しました。
 ・シャガール  ・ルノアール ・ビュフェ
 ・草間彌生  ・岡本太郎 ・曖嘔(AY-O)等

手作りワイワイ展
2017/02/23


第3回目の出店作家さんは
川合春江(陶芸)
松嵜雪乃(トールペイント)
梅田麻里(粘土細工.アクセサリー)
釘本冨美子(k裸婦と工芸)
桑原美知江(和小物)
室田はる江(洋服)

手作りワイワイ展2017
2017/02/11

今年もこの季節がやって参りました!
ご好評につき、今回は4回の開催です。
第1回目の出店作家さんは
福田まゆみ(布小物)
浦野浩子(トールペイント)
村上洋子(ビーズアクセサリー)
ユトリロ工芸(辻が花染め)
伊東初江(ステンドグラス)
関根とし子(和小物)
武衛千栄(クラフトテープバッグ)

石川真理 初春の器展-2017-
2017/01/14

30日(月)まで「石川真理 新春の器展−2017−」を開催致します。
石川真理さんは梅林で有名な埼玉県越生町に「芹が沢陶房」を構え制作をされています。

越生の梅林の灰から作ったオリジナル釉薬「梅空釉」シリーズはまるで越生の自然の中で見上げる優しい青空の様な色です。
他にも日常使いの小皿、鉢、ぐい飲み、花器、イタリアンレストランで使用されているお皿など、新作を含む約300点の販売です。新年に新しい器を揃えてみませんか?
皆様のご来廊お待ちしております!

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -